1、長尾神社の周辺

・長尾神社周辺には歴史的に有名な社寺や遺跡も多く、散策にも楽しい道が沢山あります。
特に長尾山妙楽寺とは縁が深く、新編武蔵風土器稿にも記されています。



2、長尾神社からの眺望

・関東一円の山
西から箱根、霊峰富士丹沢山塊その奥遠く、冬ならば白雪をいただく日本第二の高峰北岳が見えます。その右が大菩薩嶺、奥多摩秩父、北に赤城山、北東に筑波山、東に房総半島の山が見渡せます。
・大東京
北西には丘の中にニュータウン群。北へ立川、新宿の高層ビル、遠く池袋のサンシャイン、北東前面に多摩川と二子玉川。 都心とその奥にスカイツリ-。東に小杉、川崎、横浜のランドマークが一望できます。この眺望は関東広しと言えどほかに見当たりません。 特に東名の光の帯の上に広がる二子玉川とバックの都心の夜景は絶景です。



1、長尾神社奉賛会の運営

・長尾神社は長尾神社奉賛会が主体となり運営しています。奉賛会は役員、理事、約50名、氏子約250名、その他に、地域の皆様にご協力をいただき、神社の管理、清掃、周辺の整備等を行っています。
・運営の資金は主に祝金や奉納金、奉納品、お賽銭、授与品(破魔矢、お守り、お札、おみくじ)や飲料等の販売で収益に当てています。
皆様のご協力をお願いします。



2、その他

由緒沿革に示す通り長尾神社には専門の神職(宮司・神主等)は常駐しておりません。従って各行事の中で行われる神事・祈祷を執り行う際には、都度白幡八幡大神から出張して頂き祝詞を唱えて頂いております。
なお、長尾神社に関する情報は川崎市のHPも参照してください。




<!-- フッター -->





©️ nagaojinja.com